店長ブログ | 砂漠ツアー③最終回

砂漠ツアー③最終回

2018/11/22 00:26:20

  • 砂漠ツアー③最終回
前回の続き…


ティアドロップのサングラスの似合うエルと2泊3日のラクダに乗って砂漠ツアー。
もうテンションは上がるし変な期待をしてしまうのは男の性なのかwww
しょうがないよね。


とりあえず、夕日がきれいに見えるポイントまで移動…


ラクダにのって1時間くらいすると足の付け根が痛くなってくるw


『夕日のポイントまでどれくらいですか?』って聞いたら『あと2時間ww』


ガッカリした顔したら、何しに来たんだよ的な呆れ顔のらくだ使い。
その会話を聞いてエルもがっかりしたのか『FUCK』を連発!
日差しは強いし喉は乾くし、とにかく股関節が痛いw
これが2泊3日続くのかと思うとマジガッカリ案件だったとしか思えなかったんですが…


ラクダに乗って数時間、飽きがきてソワソワしてた頃それを察知したラクダ使いがイキナリこれ見よがしに自分のラクダに鞭をうって走らせ始める!


めっちゃ、はえー!超スピードが出てて僕もやってみたくて鞭を打ってみたらマジ早い!!!


早いけど…


早いけど…


振り落とされそう…


まるでロデオマシーン。


それを見て笑うエル。めっちゃ可愛かったっす(#^.^#)


てかもう何日もこの話題になってしまいそうなので、時系列を無視して2日目の夜!


夕日がきれいに見える第二ポイントで夕食。もちろんインドカレーを食って夕食後にラクダ使いの下手な歌と楽器の演奏を聴いて砂漠の上で布団をひいての就寝時間。


1日目は曇りで星空は見えなかったけど、この日は目を開ければ満点の夜空。
映像でしか見た事のない本当に奇麗な星空。



我を忘れてちょっとした小高い砂の上に座って星空を見てたらエルが暖かいコーヒーを持ってきてくれて寄り添ってくる(*ノωノ)
満点の星空と超絶小宇宙流星群(1分に2~3個の流れ星)を見ながらイスラエルの流れ星の話をしてくる。


エルが言うには、
『神様は時々外界の様子を見るのに天界の扉を開く。その時に天の光が星となって落ちてくるんだよ』
『だからこ流れ星に願い事を唱えれば願いが叶うんだよ!』
『でも、ずっと星が落ちてるから願いが叶い放題!ワオ!』


だから、僕も
『日本では流れ星が見えてる間に3回もお願いをしないと叶えてくれない…( 一一)』
『でも、ここなら願いを言いたい放題やから不老不死も叶えてくれそう!ワオ』


とりあえず、
『エルを抱きしめたいかも!』って日本語で3回言ってみたら…


何故かエルが頭を僕の肩に乗せてきた!で、エルもヘブライ語でなんか言ってきたから、とりあえず肩を抱きしめる僕(*ノωノ)
で、英語で『神様!あなたのエンジェルを僕の元へ連れてきてくれてサンクス』











こっから先はご想像にお任せします。









翌朝起きると、ラクダ使いに肩を叩かれて『グッジョブ』ってニヤケられました。





おわり


 

コメント投稿

お名前

コメント